気象警報発令時の対応について

気象警報発令時の登下校については、次のとおりとします。

  • (ア)午前6時現在で姫路市に次の気象警報が発令されている場合、授業(講義・実習)は自宅待機とします。
    特別警報・暴風警報・暴風雪警報(以下「警報等」という。)のいずれか
  • (イ)午前6時現在で実習施設所在地(姫路市、加古川市、神河町)に、上記の気象警報が発令されている場合、警報等発令地域の実習は、自宅待機とします。
  • (ウ)警報等が解除された場合は、概ね次のとおりとします。なお、詳しくは「在校生へのお知らせ」若しくは一斉配信メールで確認してください。
    時刻 警報発令の状況 学校内の授業 臨地実習
    午前7時現在 警報解除の場合 午前9時始業 午前9時始業
    午前8時30分現在 警報解除の場合 午前10時40分始業  ― 
    午前11時現在 警報解除の場合 午後1時始業 午後1時始業
  • (エ)午前11時の時点で警報等が発令されている場合、授業(講義・実習)は終日、休業とします。
  • (オ)警報等解除後であっても、居住地に警報等が発令されている場合、又は交通途絶若しくは危険のため登校できなかった場合は、学校長は届出があれば事情を考慮して欠席日数に算入しないことがあります。
  • (カ)発令及び解除の確認は、気象庁発表(※神戸海洋気象台)によるものとします。
  • (キ)台風等の進行状況により、学生を安全に帰宅させる必要があると学校長が認めた場合、授業及び実習を中止することがあります。
  • (ク)遠距離で帰宅が困難な場合、又は下校通行が危険と学校長が認めた場合、その危険がなくなるまで学生を学校内の安全な場所に待機させることがあります。
  • (ケ)警報等発令で休業した場合には、授業時間外等に授業を行うことがあります。

※現在の気象警報・注意報は「気象庁」のページでご確認ください。