学校長 呉本良雄

 超高齢社会を迎え、医療の高度・専門化が進むとともに、在宅でできる医療も全国的に進んでいくような制度が設定されつつあります。医療を支える看護職の重要性は高まり、さらには知識と技術を習得するだけでなく、地域社会で貢献できる豊かな人間味のある看護のあり方が求められています。

 このような時代の要請に応えるため姫路市医師会では、地域の保健・医療・福祉に貢献できる質の高い看護師を養成する目的で、姫路市医師会看護専門学校を平成17年4月に開校し、これまでに数多くの卒業生を輩出してきました。そして、卒業生たちは各地域の保健・医療・福祉施設で幅広く活躍され、住民の期待に応えています。看護師を夢見るみなさん、次はあなたの番です。熱意と学習意欲を持った学生の入学を心から期待しております。

 

 

副学校長 白井澄子

 看護とはその人の人間性を護りながら、健康の維持・増進および成長発達の促進に向けて援助することです。本校では、このケアリングを実践しうる看護職者を育成するため、修得すべき3つの能力、すなわちSpirit(人間愛)、Science(科学的知識と研究的態度)、Art(看護行動能力)をバランスよく学びます。そして、どんな時もSmile(笑顔)とHope(希望)を大切にし、たえず成長し続ける看護職者であるようさまざまな角度から看護教育にあたります。

 本校で看護師として必要な専門的知識・技術を習得する3年間は、生命の尊厳に対する高い倫理観や豊かな人間性をも育みます。一生懸命学ぼうとする意志をもち「看護師を目指す」あなたの夢が実現できるよう、教職員一同力を合わせて支援しております。看護専門教育を学ぶにふさわしい環境で、ともに学びましょう。

 

教育目的

 看護師として必要な基礎的知識・技術・態度を教授するとともに、その応用力と向上心を養い、自主自学の精神をもって地域の保健医療福祉活動に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  • 人間を身体的、精神的、社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
  • 環境との相互作用における人々の健康と生活を理解する能力を養う。
  • 生命の尊厳と安全及び個人の価値観を尊重する態度を養う。
  • 対象者に深い関心を持ち相互理解のもとに、対象者のニーズ充足に必要な基礎的能力を養う。
  • 人々の健康上の課題を科学的根拠に基づき判断し、看護実践できる基礎的能力を養う。
  • 保健医療福祉制度を統合的に理解し、チーム医療の実践および人々の社会資源の活用について調整するための基礎的能力を養う。
  • 変容する社会のヘルスニーズに関心を持ち、専門職業人として主体的学習態度や研究的態度を養う。