副学校長 白井澄子

 看護は、どのような健康状態にある人にも、その人らしく生活が営めるよう、その人の人間性を護りながら、健康の維持・増進及び成長発達の促進に向けて援助することです。その過程は、ケアされる者とケアする者の互いの人間性を高めあうよう関わり、健康生活に向けてその人自身の成長や自己実現を助けることです。このことは、他者へのケアを通して自己が成長できる素晴らしい活動です。

 看護学は、そのあり方を実践科学として探究しようとするものです。これには人間に対する深い理解と尊重、人々の健康生活の状態を把握する力、健康課題を解決できるよう専門的知識と看護実践力を発揮する力、チームと協働するための調整する力が必要です。

 本校では、このような人間性と能力をもった人材を育成することをめざしています。皆さんは、多くの書物を読み、さまざまな体験を通し、自分を知り、自分なりの学ぶことの意義を見出して下さい。看護への湧き上がる関心を育て、主体的な行動がとれるようになってほしいと思います。これには、社会の中で責任ある行動を自らとれるようになることも含まれます。看護専門学校での学びは看護をする人としての教養や倫理観を身につけ、人としての生活の幅を広げる3年間となります。

 どんな時もSmile(笑顔)とhope(希望)を大切にし、たえず成長し続ける看護職者になれるよう、皆さん一人ひとりの可能性を引出し、さまざまな角度から看護教育にあたります。緑豊かなキャンパスは、看護を学び、学生生活を満喫する環境に恵まれています。看護に興味や関心があり、志の高い皆さんを教職員一同こころからサポートします。本校の門をくぐられることを心待ちにしています。

教育目的

 看護師として必要な基礎的知識・技術・態度を教授するとともに、その応用力と向上心を養い、自主自学の精神をもって地域の保健医療福祉活動に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  • 人間を身体的、精神的、社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
  • 環境との相互作用における人々の健康と生活を理解する能力を養う。
  • 生命の尊厳と安全及び個人の価値観を尊重する態度を養う。
  • 対象者に深い関心を持ち相互理解のもとに、対象者のニーズ充足に必要な基礎的能力を養う。
  • 人々の健康上の課題を科学的根拠に基づき判断し、看護実践できる基礎的能力を養う。
  • 保健医療福祉制度を統合的に理解し、チーム医療の実践および人々の社会資源の活用について調整するための基礎的能力を養う。
  • 変容する社会のヘルスニーズに関心を持ち、専門職業人として主体的学習態度や研究的態度を養う。