学校長 呉本良雄

 超高齢化社会を迎えて、これからの医療・看護の世界では、看護師の役割がますます重要視されてきます。医療が発展するにつれて高度化・専門化が今後も更に進んでいきますが、同時に在宅でできる医療も全国的に普及していくような制度が設定されつつあります。医療を支える看護職も専門化された看護の知識と技術を身につけるだけでなく、地域社会で貢献できる豊かな人間味のある看護のあり方が求められてきます。このような時代の要請に応えるため姫路市医師会では、地域の保健・医療・福祉に貢献できる質の高い看護師を養成する目的で、姫路市医師会看護専門学校を平成17年4月に開校し、これまでに数多くの卒業生を輩出してきました。そして、卒業生たちは各地域の保健・医療・福祉施設で幅広く活躍され、住民の期待に応えています。

 本校は、姫路市の西北部、風光明媚な夢前川の東に位置し、最新の設備と機能を備えた教室が揃っており、学習環境はきわめて充実しています。そして、基礎分野から専門領域に至るまで、多くの優秀な教員と講師陣による講義が行われております。また、臨地実習では、姫路市内と周辺地域を含めた複数の基幹病院や医療機関と、多くの介護福祉施設等の協力体制のもとで、臨床の実践能力を体得できるように力を注いでいます。
このような環境下で本校3年間の多岐にわたる教育を受けることによって、看護師としての専門的な知識と基礎技術を修得することは勿論、思いやりのある人間性をも兼ね備えた心技ともにバランスのとれた看護師に育成されるものと信じています。

 看護に対する熱意と学習意欲を持った学生の入学を期待しております。